2006年06月17日

ドイツの老舗メーカー「ステッドラー」のペン


icon
iconドイツで開催中のワールドカップ応援してる?スポーツ音痴でサッカーのルールすらわかってないけど、ちゃっかりこういう時は見てます。クロアチア戦どうなることやら。多分その日はおー!とかぎゃー!とか色んな歓声が風に乗って聞こえてくることでしょう。

ところでドイツ製品って、真面目にいい仕事してますね〜的商品が多い気がするから、かなり信頼してます。私の好きなサイトのALL ABOUTで、ドイツの老舗ステイショナリーメーカー「ステッドラー」のマルス・プロフェッショナル 0.3mmという、よさ気なペンを発見。普段どこでも売ってるPILOTのHI-TEC-Cの0.3mmをとりあえず使ってるけど、筆圧が強すぎるのかペン先がよく潰れる。最近ステーショナリーを色々と模索中の私としては不満タラタラで、何かよいペンはないものかと思ってたとこでした。

比べるのもあれなんだけど、このドイツ製ステッドラーのペンは、元は製図用品としてのみ使われてきたペンから作られているので、書き心地はすこぶるよいはず。そしてペン先は変型防止のための金属製スリーブに保護されてるから、私の筆圧でもそう易易とは潰れないはず。そして0.3mm極細で細かい字が書ける。他に0.1mmと0.5mmも。そしてインク交換も出来る。プロに定評があり、学生の間でも人気がある。そして値段も1000円ちょいでリーズナブル。しかも今送料無料。よっしゃ合格。

人気blogランキング インテリア・雑貨 
posted by イニミニ at 18:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | セレクト(雑貨)
2006年06月16日

近況報告

え〜、またもや長らく19日も更新を止めちゃってました。ゴメンなさい。危うく20日の大台を記録するところでした。今回は特に病気してたとかではないのですが・・・。あっ、この前生まれて2本目の抜歯はしました。親知らずを。麻酔される前は不覚にも思いっきりビビッてたけど、今は麻酔ってブスッて注射するんじゃないのね。全然痛くなかった。でも麻酔液が喉に流れ込んで、しかもゴクって飲んじゃって一瞬苦しかった。喉に麻酔かかったら苦しいね。当たり前か・・・。

それと映画のダビンチコードも観たけど、正直期待外れだったな〜。ありゃ映画より本読んだ方が面白そう。って本は買ってるけどまだ読んでない。他に読み終えてない本があるので。私本読むのかなりのスローぺースなのです。つい心の中で音読みして読む癖があって、目読出来ないのです。小さい子供じゃないので、間違っても実際に声に出して読みはしませんよ。一日で一冊以上読める人は賞賛の的です。少なくとも私からは。今はマイケル・j・フォックスのラッキーマンをせっせと音読み中(心の中で)。とりあえず秘密結社とか謎の○○系は大好物で、映画観てその辺の知的好奇心は刺激されたので、帰りに本屋で数ある関連本コーナーの中から、もっとも売れてますって書いてあった安易な理由でダヴィンチコードの謎を解くって本を買って読んだけど、難しくて意味がわからんっ。一行に1つペースで知らないカタカナがでてきて、辞書引いて書かれてる解説の単語の意味がまたわかんないみたいな、言葉の迷路に迷い込んでしまいました。聖書に馴染みがない人には、この解説本はおすすめできませぬ。いやはやしかし、人間は生まれながらに知ることを欲するです。博学ぶってみました。

うだうだと近況報告をして更新滞ってたのを誤魔化してみたつもり。成るべく更新するように努めます。

人気blogランキング インテリア・雑貨
posted by イニミニ at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | おまけ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。