2006年03月26日

有田焼巡り 究極のラーメン鉢で食事編

しん窯に行った後は、すぐ裏で近かったからまた行ってきたよ有田焼卸団地。この前は写真とか撮ってなかったから、今回はしっかり写真も撮ってきました。まずはちょうどお昼の時間だったしご飯ご飯。腹が減っては戦は出来ぬです。この前行って気に入った有田卸団地内にある赤絵というお食事処へ。ここには1月までは有名なとき里が入ってたらしいんだけど卸団地店は閉店して、赤絵というお店に変わったらしい。この前食べた佐賀牛のヘルシーボールが美味しかったからまた迷わずそれを注文。てかそれ目的。
究極のラーメン鉢で佐賀牛
有田焼でデザート

デザート付きで1280円、デザートなしだと1080円。これで佐賀牛が一口サイズだけど10枚も入ってるんだよ(地味に数えた)。安いって。ご飯の上に佐賀牛と茹でたカボチャ、トマト、茹でたブロッコリー、山芋、甘辛く味付けしたしめじ、サラダ菜とか野菜が盛り沢山に入ってて、カリッと揚げた玉ねぎ、千切りにしたノリ、ニンジン、ネギをトッピングしてあって、それにもろみソースをかけて食べるんだけど、美味い!それが入ってる器があの究極のラーメン鉢。NHKの企画で有田ならではのプロジェクトをというお達しの元、そばやうどん用の丼は多いけど意外とラーメン用という器は少ないよねということで、有田焼の有名窯元14名がプライドをかけて手がけた全部で91種類の究極のラーメン鉢。私が食べた時の器は昭峯窯の岩永隆昭作の色絵流線文だった。数ある究極のラーメン鉢の中では比較的カワイイ感じでアーティスチックなデザイン。ラーメン鉢だけど丼とかにもいけるんだね。使い勝手がよさそう。ということで、この後有田卸団地の中で究極のラーメン鉢も見てみることに。デザートは、ご豆腐のアイスにご豆腐のきな粉かけとか。ご豆腐は有田名物で、それを使ったアイスはすごいあっさりした味だった。体によさげ。
有田焼のディスプレー
店内には有田焼が沢山ディスプレーされていて、有田焼を愛でながらの昼食。やっぱ有田焼いいな〜。つい最近まで焼き物にほとんど興味がなかったとは考えられない変貌振りです。
赤絵
ごちそうさまでした〜!美味かった!次は買い物編。

人気blogランキング インテリア・雑貨
助けて〜。ゴメンナサイ私が悪かった、許して。更新ちゃんとしますから〜。
posted by イニミニ at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 焼き物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

簡単酒のつまみレシピ「エノキと長芋のヌルヌル和え」
Excerpt: 簡単にすぐできる酒のつまみレシピをご紹介しています。山芋はいろいろ和えると、おいしいですね
Weblog: 超簡単! 酒のつまみレシピ集
Tracked: 2006-04-19 16:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。