2006年03月31日

有田焼巡り 究極のラーメン鉢編

究極のラーメン鉢

お次は究極のラーメン鉢で食事編でみてみようと決めた究極のラーメン鉢を求めて、有田卸団地内のまるぶんへ。店内にはズラッと91種類の究極のラーメン鉢が並んでいて、どれにしようかなとそれこそイニミニマニモ・・・状態。

究極のラーメン鉢って何だっけ?という方にもう一度ちょっと詳しく説明すると、NHKの企画が発端な訳ですが有田ならではのプロジェクトをやってくれないかという話から、有田焼を担う14の窯元(しん窯・錦右ェ門陶苑・草山窯・伝平窯・原重製陶所・幸楽窯・昭峯窯・親和伯父山・田清窯・陶悦窯・文翔窯・李荘窯業所・篠原渓山・福珠陶苑)が議論の末決めたテーマ「究極のラーメン鉢」を作ろうと試行錯誤の末出来上がったラーメン鉢。

まるぶん.JPG有田焼きのプライドがかかっているわけですよ。これには。でも最初から上手いこといったかというとそうでもないようで、試作品を見てもらった食品メーカーからは最初重い(うっ)...大きい(えっ)...熱い(ひぇっ)...こんなの持てるかいっ!(げっ)...と散々な酷評を言われプライドはガタガタに打ち砕かれ。しかしめげずに試行錯誤を繰り返した努力の結果、軽くて片手で持ちやすくて熱くない、フチが薄く口当たりがいいラーメンが冷めにくい究極のラーメン鉢の形が完成。最初酷評した専門家もいいじゃん!と太鼓判をおしましたとさ。そして有田焼の人気商品になりましたとさ。めでたしめでたし。ついでにオソロの究極のラーメン鉢にフィットして持ちやすいレンゲも作りました。レンゲはね写真見てくれたらわかるけど、引っ掛けるところが付いててストーンと落ちてラーメン鉢の中に神隠しされるのを防いでくれます。意外とよく落とさない?私だけかな。

究極のラーメン鉢の同じ形に14の窯元がそれぞれ柄をほどこして、全部で91種類の模様が完成。価格も2000円代から10000円代まであって買いやすい設定。すごい悩んだけど、私は李荘窯業所の白マットを選んだ。白い器を最近よく買ってるんだけど、多分今まで家に色柄物ばかりあったからその反動だと思う。価格も2000円代だったしね。ラーメンを入れても美味しいし、丼ぶりにしたり、食卓の真ん中に置いて取り分けれるようにお豆とかお惣菜とかおかずを盛ったり、サラダとかも入れたりして、かなり使い勝手がよくて重宝してるよ。

人気blogランキング インテリア・雑貨 
posted by イニミニ at 17:26 | Comment(2) | TrackBack(1) | 焼き物
この記事へのコメント
イニミニさん、こんにちは!

偶然…
昨日TVでどっちの料理ショーを見ていたらテーマがラーメンでなんと有田焼きがでていましたヨ。

やっぱりラーメンとの相性がいいんですかね!?
写真の器もシンプルでいいですね☆
Posted by Keiko at 2006年03月31日 17:36
>keikoさん
こんにちはっ!
本当?残念、それ見てなかったです。
あ〜見たかったな〜。
ラーメンとの相性を第一に考えて細部にまで拘った形なので、相性バッチシですよ!
Posted by イニミニ at 2006年03月31日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15899158

ひさしぶりの風花
Excerpt: 売り上げアップにつながるSEO/SEMテクニック。ネットで稼ぐためのノウハウ。
Weblog: ホームページ制作会社のブログ
Tracked: 2006-04-09 15:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。