2006年05月26日

Braniff(ブラニフ)のトランプ

Braniff(ブラニフ)のトランプケースエアライングッズマニアへの道に、足を一歩踏み入れてしまったかもしれない。以前映画「ターミナル」のインテリア エアライングッズ編で紹介したBraniff(ブラニフ)のトランプ。エアライングッズは1つももってないしコレクターでもないんだけど、そういやトランプかわいいの持ってないやと思って妙に気になっていて、とうとうこの前買いました。

ブラニフとは今はなき幻の航空会社で、1960年代〜70年代の最先端のトレンドを乗せたデザインがすごくよかったことで話題になっていたアメリカの航空会社。なんたってデザインを手がけたデザイナー達が蒼々たる面々。ミッドセンチュリーモダンの巨匠アレキサンダー・ジラードに、エミリ・オプッチ、アレキサンダーカルダー、イームズ夫妻、ジョージ・ネルソン。今も語り継がれるだけの意味わかります。ん〜見てみたかった実物を。

Braniff(ブラニフ)のトランプの中身


Braniff(ブラニフ)のトランプの中身2


このBraniff(ブラニフ)のトランプは、当時ブラニフが機内で配布していたアレキサンダー・ジラルドがデザインしたトランプの復刻版。オリジナルは中々手に入らない代物のようです。まずこのトランプ、ケースがゴールドでゴージャス。そこらの普通のトランプとは別格な雰囲気を漂わせている(ような気が)。

そして、写真撮るのを忘れてたけど、トランプはちゃんとプラスチックのケースに入ってます。中身は、表がオレンジにブラニフのBとLを施したかわいい配色。そしてこの裏。この裏がいい。単なるかわいいイラストを散りばめたトランプではないよ。よく見てよく見て。旅先で役立つだろうと思われる、英語とスペイン語とポルトガル語の会話集が関連したイラストを交えて載ってんの。英語の勉強にも役立つから一石二鳥だと思って、英語の勉強サボってる私にとってもこれはいいと思ったのが、このブラニフのトランプを買った最後の決め手。材質もしっかりしててコシもあるから、思いっきりシャッフルしまくっても大丈夫。

トランプってトランプしたいから普通買うよね。私の場合、このブラニフのトランプを使いたいからトランプ買った。はいそうです、見た目から入る派です。動機が不純。

人気blogランキング インテリア・雑貨 
posted by イニミニ at 18:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | セレクト(雑貨)
この記事へのコメント
はじめまして。
かわいいですね〜(>_<)
特に、イームスのチェアーが超ヒットです。やっぱりかわいいものに囲まれて暮らしたいです。
いつか、海外に買い付けに行ったりしたいな〜♪
Posted by op at 2006年05月27日 18:09
>opさん
はじめまして!
自分の好きなものに囲まれて暮らしたいですよね。
うんうん、同感です。
いいですね〜、買い付け。
イイのがありすぎて迷ってしまいそうですね。
Posted by イニミニ at 2006年05月28日 19:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18405017
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。