2006年01月25日

気になる枕 ファベ社のメディカル枕


icon
icon右横の”これいいかも”の枕のとこでボソッと呟き続けているんですが、私の枕はクタクタです。いやボロボロです。いや破けてます・・・。どうやったら破けるのかは謎ですが、気づいたら破けてました。誰がどう見ても替えどきなのです。一日干さなかったらぺチャンとなって薄くなってて、ふかふかの枕なんて遠い異国の話のようです。だったら買えよって話ですけど、中々これでいいやって適当に買えないのが私の面倒くさいところでして。たかが枕、されど枕。

どの程度の質と値段を枕に求めるかが、私の中でまだ決めかねていて、肩こりとか普段からよくなるなら良い枕を悩むことなく買うんだろうけど。私、肩こらないんだよね。だから必要性があまりないかなとも思って。あ、でも寝つきが悪い。人間三分の一は寝てる時間とも言うし。良い枕買うならグランドハイアット東京の枕でホテル気分を味わおうかと思ってたんだけど、この前通販生活を読んでたら候補変わりました。

通販生活の2005年度読者が選んだ暮らしの道具ベスト100という特集をやってて、その栄えある1位にイタリアのファベ社のエディカル枕iconが選ばれてました。こっちがいいな。94年度から連続12年第1位という事実は凄い。こういう物を知ってしまってどうだと突きつけられたら、ほっとこうにもほっとけなくなってしまって、記事を隅から隅まで真剣読み。10日間使って自分には合わないと思ったら返品していいよと言ってるにも関わらず、返品してくる人は例年たった4%くらい。この辺、真に良い逸品じゃないと出来ない技だよね。ヨーロッパ各国の病院で採用されてるのも信用性アップ。酷い肩こりとか首筋痛に悩まされてる人も、痛みを気にしないでグッスリ寝れて朝起きると肩が軽くなって疲れもとれるらしい。その人に合った適度の深さ(高さ)に変化してくれて、首筋・肩部は、やや硬めの凸部でささえてくれる構造が、良い仕事してくれてるのでしょう。サイズが大きいのも特徴で、縦45×横75って私の普通サイズの枕の約1.5倍。インテリアは大きめをどーんと置くのが好きなので、枕がどーんと大きいのはいいな。ある程度モゾモゾ動くのも許してくれる包容力。枕が変わると寝れない人って、多分こういう枕の愛用者なのかも。

追記:ネットで調べてたら同じファベ社からオルトペディコ枕というのが沢山出回ってて、このメディカル枕と違うのか通販生活に問い合わせてみたら、ファベ社からは色んなタイプの枕が出てるけど、オルトペディコ枕はこのメディカル枕とはまたタイプが違うそう。メディカル枕はセブンイレブン受け取りだと送料・手数料無料だから通販生活さんには悪いけど買うならセブンで買った方がお得。

今日の単語 tow:引く

人気blogランキング インテリア・雑貨 
posted by イニミニ at 18:25 | Comment(2) | TrackBack(3) | セレクト(インテリア)
2005年11月20日

ブランケットで冬じたく

寒い寒い〜。私冷え性なんですでに手足が氷みたいに冷たくて。手が冷たい人は心が温ったかいのさっ、とか言われても全然気休めにもなんないっつーの!寒くなるとおもむろにブランケットを引っ張り出してきて、今も肩から羽織りつつ。ブランケットはウールに限る。フリースは全然暖っかくなくて、寒かろう寒かろうとマザーテレサのような顔して家の犬にあげた。ケチって安物買っても暖かくないと意味ないわ。これぞ安物買いの銭失い。そうならないためにも、ウール限定で見た目もグッドなブランケットをピックアップしてみました。詳細は画像をクリックしてね。私ブランケットというアイテム自体が好きです。落ち着くし、なんかちょっとコ洒落た感じがする。室内でちょっと肌寒いと感じた時とか、なにかと便利。外でもドライブとかスポーツ観戦の時とか、一枚用意してると重宝するよ。


左から順に。なんたって付属のイタリア軍革ベルトのイカリマークにグッときた。ブランケットはドイツの60年代〜70年代のデッドストックの新品。ドイツらしいそっけないほどの無骨具合がいい感じ。次は生地が二重になっててちょっと素朴な雰囲気。ウールは50%かー。そして一番右は北欧スウェーデンのKLIPPAN(クリッパン)社のブランケット。ベアー柄がキュート。ちゃんとリバーシブルになってます。ウールは80%。


icon
icon

icon
icon

icon
icon

3つとも北欧スウェーデンのブランケット。左からOstergotlands(オステルヨートランド)社。ウッラカーリン・ヘルステンという毛布のデザインで数々の賞を受賞した、スウェーデンニットの著名なデザイナーの。このブランケットはあのイギリスのハロッズをはじめ、欧州の大手百貨店でも販売されてます。羊がむっちゃかーいー。スウェーデンで最後の一台となった織り機でせっせと編んでるけなげさもグッド。もちウール100%。他にイエロー、レッド、ライトブルーも。どれも発色がすごく綺麗。真ん中と右はさっきも紹介したKLIPPAN(クリッパン)社の。同じものなのに、値段がさっきのとこと随分違うんだけど。買うなら迷わずこっちで買う。北欧のブランケットってやっぱかわいい。


一口にウールのタータンチェックのブランケットと言ってもいろいろ。左から、JOHNSTONS(ジョンストンズ)社、次も同じく、右はHIGHLAND TWEEDS(ハイランドツイード)社。下段左からBRONTE TWEEDS(ブロンテツイード)社、Green Grove Mill(グリーングローブミル)社。すべてイギリスで何百年の歴史あるメーカー。もちろんすべてウール100%。真ん中ジョンストンズ社のはラムズウール。しっかり出来てるから長年のお供に。下段のは5000円で紹介した中で一番安い、良心的なお値段。

コイズミ 電気足温器 ブラウン KDF‐4050T
コイズミ 電気足温器 ピンク KDF‐4050PついでにAmazonでこんなの発見。電気足温器とかあるんだー。いいなこれ。消費電力22Wなら惜しげもなくつけとける。丸洗いもok。頭寒足熱で足が温ったかいとかなりぬくぬくになる。優れものだわ。指定席に忍ばせて。Amazonが送料無料だし一番安かった。

追記:コイズミ電気足温器ブラウンAmazonがブラウンの方が売り切れのようなので、一応楽天の取り扱いショップにもリンクしときます。

今日の単語 float:浮く

人気blogランキング インテリア・雑貨 
posted by イニミニ at 01:25 | Comment(2) | TrackBack(3) | セレクト(インテリア)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。